下総中山 歯科通信

2012年9月26日 水曜日

義歯、入れ歯の治療もいぶき歯科へ

入れ歯の種類には、総入れ歯、部分入れ歯、
金属床義歯があります。

総入れ歯は、
ご本人の様の歯が1本も残っていない時に使用されます。


すべての歯が人口の歯になり、
かみ合わせも重要ですが、
食べ物を噛む時のかみごたえや、味、熱などの伝導も重要です。


抜歯などで失った歯の代用として入れる
取り外し式の歯が、部分入れ歯になります。


ご本人様の歯と歯ぐきとを支えにして装着いたします。
金属床義歯は、義歯の床が金属にすると
入れ歯を薄くすることが出来ますので、
違和感も少なく保険の義歯よりも
発語・発声がスムーズになりやすいメリットがあります。


デメリットとしては、金属義歯は非常に高価ですし、
修理が難しいため、保険の入れ歯では満足できない方は、
当医院の院長とよく御相談の上で
決定されることをお勧めいたします。


日本では保険の入れ歯は、
樹脂製と決められていますが、
欧米では樹脂製は仮の入れ歯用という位置づけです。


しかし、樹脂製と金属製の差はかなり大きいため、
入れ歯で今までお悩みであった方は、一度、御一考され、また御相談をお勧めします。

投稿者 いぶき歯科

千葉県船橋市本中山2-14-16
クレール中山1F

【診療時間】

月曜-火曜 9:00-13:00/15:00-21:00
水曜-金曜 9:00-13:00/15:00-19:00
土曜日 9:00-14:00

詳しくはこちら