下総中山 歯科通信

2012年12月28日 金曜日

親知らずや入れ歯なら船橋市下総中山のいぶき歯科へ

もうすでに生えてきている人も、これからという人、もう抜いてしまったという人もいるかと思いますが、二十歳前後の頃に生えてくる歯で親知らずがあります。
何も問題がなく真っ直ぐに生えてきて、噛みあわせも問題なければいいのですが、横向きで生えてきたり歯茎がかぶさった状態のままだったりだと、どんなに気を付けて歯磨きをしていたとしても、磨き残しはあるもので親知らずが虫歯や歯周病になってしまったりしてしまいます。

真っ直ぐ生えてきていなかったり虫歯になりかけていたりすると、この親知らずは必要のない歯だから抜いてしまう人もいるかと思いますが、必ず抜く必要はないのです。
虫歯にならないように予防をしっかりとしていけば、もし仮に他の歯がいろいろな条件でダメになったとしても、この親知らずを移植をして再利用することが可能です。

だから、よっぽどひどい虫歯や歯周病になってしまわない限り抜かないようにすることをお勧めします。
親知らずだけでなく他の歯でも、虫歯や歯周病の状態がひどくなって歯を抜かなくてはならなくなったとき、ブリッジや入れ歯を入れなければいけなくなります。

入れ歯の種類としては、ばねの無い入れ歯や総入れ歯、部分入れ歯に金属床義歯などがあります。
保険を使って作るものだと、いろいろと制限があったりして自分の思い通りのものを選べなかったり、調整範囲も多かったりして理想的な入れ歯を入れることができなかったりします。

そのため、自費で自由診療の形を選んでいただいて、歯茎部分や人工歯の素材を自由に選んでいただいて、審美性の面でも他の歯に合わせた自然な色の歯にすることも可能となります。
入れ歯などで悩まれている方は、一度船橋市下総中山にある当院へ相談いただければと思います。

投稿者 いぶき歯科

千葉県船橋市本中山2-14-16
クレール中山1F

【診療時間】

月曜-火曜 9:00-13:00/15:00-21:00
水曜-金曜 9:00-13:00/15:00-19:00
土曜日 9:00-14:00

詳しくはこちら