下総中山 歯科通信

2013年1月23日 水曜日

親知らずが痛くなったらすぐに当院へ

今日は親知らずについて書いてみたいと思います。
親知らずは第二大臼歯の後ろに生えてくる歯で、みなさんがよく御存知の通り、一番奥に生えてきます。

二十歳前後の大人になってから生えてくるのですが、綺麗に生えてかみ合わせがあっていて、虫歯予防をしっかりしていれば特に抜く必要はありません。
しかし親知らずは、横を向いて生えてきたり、食べかすが溜まって虫歯や歯周病の原因となる事が多く、たびたび歯肉が腫れたり痛くなったりすることが多いのです。

その場合は、我慢することなく早めにいぶき歯科へご来院ください。
放っておくと顎の骨を溶かしてしまい、大変なことになります。

そのほか、親知らずが生えている場所によっては、物が詰まりやすく、手前の歯まで虫歯になることがあるので、要注意です。
親知らずの虫歯予防をしっかりと心がけていけば、健康なままで抜く必要もありませんし、将来、他の歯がだめになってしまった場合は歯の移植で親知らずを使うことができるというメリットもあります。

投稿者 いぶき歯科

千葉県船橋市本中山2-14-16
クレール中山1F

【診療時間】

月曜-火曜 9:00-13:00/15:00-21:00
水曜-金曜 9:00-13:00/15:00-19:00
土曜日 9:00-14:00

詳しくはこちら