下総中山 歯科通信

2013年2月20日 水曜日

いぶき歯科・歯周病と予防歯科について

痛みをできるだけ抑えた治療を心がけているいぶき歯科です。
歯の悩みというと代表的なものが歯周病でしょうか。

歯周病とはプラーク(歯垢)に含まれる歯周病病菌が歯周組織委に感染し、歯肉が腫れて痛みが出る、出血をするなどの症状が出る病気のことをさします。
症状が進行し気づくのが遅くなってしまうと最悪の場合、歯を失うことになってしまいます。

現在、日本人の成人の約80%がこの歯周病に罹患しているといわれており、日頃のケアや定期的な検査が大切になるのですが、ほとんどの方は痛みや症状が感じられないと歯医者に行くこともないでしょう。
「生涯健康。生涯自分の歯で。」と長い目で歯を含めて自分の体を健康に保つためにも、日頃のケアや定期健診を気にかけていただきたいと思います。

また近年、日本でも歯に対する意識が高まっている傾向がみられます。
歯に対する何らかの症状が見られてから歯科医院を訪れるのではなく、日頃からのケア、感染する前後からのケアが見直されているのです。

これは予防歯科とも呼ばれ、当院でも扱っている診療項目でもあります。
自分では落としきれない歯の汚れや歯垢の悩みを解消する、メンテナンスすると考えると分かりやすいかもしれませんね。

投稿者 いぶき歯科

千葉県船橋市本中山2-14-16
クレール中山1F

【診療時間】

月曜-火曜 9:00-13:00/15:00-21:00
水曜-金曜 9:00-13:00/15:00-19:00
土曜日 9:00-14:00

詳しくはこちら