下総中山 歯科通信

2013年11月26日 火曜日

一時的にキーンと歯がしみるのは、知覚過敏です。

みなさまの中で、冷たい水を飲んだ時や歯磨きをした時、また歯に風が当たった時などに、キーンと、あるいはズキンと、歯がしみたという経験のある人も、多いのではないでしょうか。

そのような歯がしみる症状のことを、知覚過敏と言います。
虫歯は慢性的な痛みを伴いますが、知覚過敏の場合は一時的な痛みが特徴です。

知覚過敏は、歯の表面のエナメル質やセメント質が削れてしまい、象牙質が露出することで起こります。
その露出部分が刺激されると歯がしみるのです。

ただし、一時的に歯がしみるからと言って、必ず知覚過敏だ、ということではありません。
ですから、歯がしみることがありましたら、そのまま放置せず、ぜひ船橋市下総中山の当院までお気軽にご来院ください。
原因を確認して、適切な処置をさせていただきます。

投稿者 いぶき歯科

千葉県船橋市本中山2-14-16
クレール中山1F

【診療時間】

月曜-火曜 9:00-13:00/15:00-21:00
水曜-金曜 9:00-13:00/15:00-19:00
土曜日 9:00-14:00

詳しくはこちら