下総中山 歯科通信

2018年9月 6日 木曜日

梨の季節がやって来ました(*´∀`)♪








『梨は歯に悪いから子供には食べさせない方が良い!』と家族に言われ、どうしてなのか?と気になったので調べてみました。

「戸隠神社(長野県長野市)で、歯を患った者が3年間『梨』を絶って参拝すると治る」という言い伝えがあったそうです。
戸隠神社に行くことができない江戸庶民は、梨の実に自分の名前と痛む歯の場所を、例えば「右上の奥から3番目」などと書いてから神社のある戸隠山の方角を向いてお祈りし、その後、梨の実を川へ流したそうです。
なぜ梨の実を絶ったのかと言うと、昔は梨の実に含まれている酸で歯が溶けると思われていたようです。
現在では、梨の実に含まれているソルビトールはキシリトールと同じ糖アルコールの仲間で、むし歯菌の増殖を抑える働きがあると言われています。
という訳で、心配せず梨を美味しく頂こうと思います(≧▽≦)

【梨の効果】
①美肌効果が高い
②解熱・消炎作用が非常に高い
③虫歯予防
④高血圧を防止する
⑤呼吸器系の炎症を抑える
⑥便秘予防や食べ過ぎに効果的
⑦疲労回復効果が高い




投稿者 いぶき歯科

千葉県船橋市本中山2-14-16
クレール中山1F

【診療時間】

月曜-火曜 9:00-13:00/15:00-21:00
水曜-金曜 9:00-13:00/15:00-19:00
土曜日 9:00-14:00

詳しくはこちら