下総中山 歯科通信

2013年1月31日 木曜日

入れ歯の種類もいろいろあります

千葉県船橋市の下総中山駅そばのいぶき歯科です。
今年は都会でも雪の日が多く、寒い日が続いていますがみなさまいかががお過ごしでしょうか。

今日は入れ歯についてご説明したいと思います。
入れ歯には色々な種類があり、それぞれに特徴を持っています。
歯が全く失くなってしまった方には総入れ歯をお作りします。

全部の歯が人工の歯になるため、かみ合わせやかみごたえ、熱伝導など、味を楽しむ感覚も重要になってきます。
その他、ばねのない入れ歯、別名ノンクラスプデンチャーというものもあります。
入れ歯自体は特殊な樹脂で、柔軟性があるのでばねのようになっています。

その他は、部分入れ歯です。
残っている歯などを支えにして装着し、取り外しのできる歯です。
もうひとつは金属床義歯です。

義歯床が金属で薄くなっているので、喋りやすく違和感の少ない入れ歯となっています。
しかしながら修理がむずかしく、保険適用にならないことが多くて非常に高価なので、院長とご相談の上、十分吟味して決めて頂ければと思います。

投稿者 いぶき歯科 | 記事URL

2013年1月30日 水曜日

虫歯は早期発見・早期受診が大切です

千葉県の下総中山駅から徒歩3分のいぶき歯科です。
当院では、できるだけ痛みを抑える治療をいたしております。

なるたけ削らない、抜かない虫歯治療を心がけていきます。
虫歯の原因は歯の質に加えて、虫歯菌や糖質、時間の4つの条件がそろうと虫歯が発生します。

そして虫歯にも色々ありますが、とにかくこれらの原因を重複させず、早期発見が大事です。
初期の虫歯であれば治療も簡単に済み、虫歯の部分を少し削るだけなので、1回から2回の治療で短期間ですませることができます。
しかしながら、痛みを我慢して飲み薬でごまかしたりしていると、どんどん虫歯が進行して神経をとる治療になってしまうこともあります。

また治療の回数も増えますと、費用も余計にかかることになってしまいますね。
最悪歯を抜くような事態にならないように、歯が痛いと感じたら、早めにいぶき歯科にご来院頂くことをおすすめします。

また、定期的な受診をして頂ければ、歯のお掃除もしながら虫歯の点検もできますので、定期健診もぜひやっていただきたいと思います。

投稿者 いぶき歯科 | 記事URL

2013年1月28日 月曜日

歯周病になったらどうする

みなさんのお口の中でとても気になる症状で、ご来院される多くの方がかかっているという歯周病について書いてみたいと思います。
歯周病は一体どのように進んでいくのでしょうか。

まずはお口の中のカビが歯茎について炎症を起こします。
この時の症状は口臭やネバネバとした感じを持ちます。

その次は炎症で歯ぐきが腫れて歯と歯茎の溝に物が詰まって汚れがたまるようになり、歯ぐきの奥で炎症を起こします。
そして歯と歯ぐきの間に隙間ができ、これを歯周ポケットと言います。
ここに金がたまると炎症がひどくなって骨が溶けてしまうこともあります。

この時の症状は歯ぐきが腫れたり、赤みがひどくなったりします。
進んでいくと歯ぐきから膿が出る事もあります。

そして最後には歯の周りの骨が溶けてなくなったしまい、歯がグラグラして抜かなければならない事態になります。
この時は歯に痛みが伴っていて、物が噛めないという状態まで行っています。
歯周病は進行すると恐ろしい病気ですので、きになったらお気軽にご来院ください。

投稿者 いぶき歯科 | 記事URL

2013年1月23日 水曜日

親知らずが痛くなったらすぐに当院へ

今日は親知らずについて書いてみたいと思います。
親知らずは第二大臼歯の後ろに生えてくる歯で、みなさんがよく御存知の通り、一番奥に生えてきます。

二十歳前後の大人になってから生えてくるのですが、綺麗に生えてかみ合わせがあっていて、虫歯予防をしっかりしていれば特に抜く必要はありません。
しかし親知らずは、横を向いて生えてきたり、食べかすが溜まって虫歯や歯周病の原因となる事が多く、たびたび歯肉が腫れたり痛くなったりすることが多いのです。

その場合は、我慢することなく早めにいぶき歯科へご来院ください。
放っておくと顎の骨を溶かしてしまい、大変なことになります。

そのほか、親知らずが生えている場所によっては、物が詰まりやすく、手前の歯まで虫歯になることがあるので、要注意です。
親知らずの虫歯予防をしっかりと心がけていけば、健康なままで抜く必要もありませんし、将来、他の歯がだめになってしまった場合は歯の移植で親知らずを使うことができるというメリットもあります。

投稿者 いぶき歯科 | 記事URL

2013年1月17日 木曜日

いぶき歯科の小児歯科治療

船橋市下総中山のいぶき歯科です。
2013年も明けてみなさんいかがお過ごしでしょうか。

年末年始は美味しいごちそうを召し上がって、ご家族で楽しいひと時を過ごされた方も多いかと思います。
お子さんも美味しいものをたくさん食べて、歯が痛いなどど言い出してはいないでしょうか。

いぶき歯科では小児歯科もやっておりますので、ぜひ早めの治療をおすすめします。
しかしながら、歯医者といえばお子さんにとっては痛い場所、怖い場所というイメージが大きいかもしれませんね。
親御さんがお子さんを歯医者に連れて行くのが一苦労というお話もよく聞きます。

いぶき歯科では、痛みの対策として浸潤麻酔の際は表面麻酔をし、世界で一番細い針を使って麻酔注射をしますので、痛みもかなり軽減されると思います。
また、シーラントという予防歯科もしており、お子さんが自分では磨きにくい奥歯などの溝を埋めてしまい、虫歯になりにくくするという方法もあります。

笑顔の明るい優しいスタッフもお待ちしておりますので、ぜひお子さんとご一緒に安心してご来院くださいね。

投稿者 いぶき歯科 | 記事URL

千葉県船橋市本中山2-14-16
クレール中山1F

【診療時間】

月曜-火曜 9:00-13:00/15:00-21:00
水曜-金曜 9:00-13:00/15:00-19:00
土曜日 9:00-14:00

詳しくはこちら