歯ぎしりについて

歯ぎしりが気になる

「噛みしめ・歯ぎしり」は精神的ストレスや身体的な疲れによるストレスが原因といわれています。
誰でも少なからずストレスはあるものです。
「歯ぎしり・噛みしめ」は多かれ少なかれ誰でもしている一種の「くせ」と考えてよいでしょう。
ですから、特に問題を起こさない限り放置してもかまわないのですが、時には次のような問題を
起こします。

1.歯への障害
   歯の磨耗(すり減り)、歯の破折、歯がしみる、詰め物やかぶせ物がはずれる、
   奥歯全体が痛む、噛むと痛いなど

2.歯周組織への障害
   歯ぐきが下がる、歯ぐきの骨が凸凹してくる、歯周病の悪化など

3.顎関節への障害
   顎関節痛、開口障害、カックン音など

4.全身への障害
   顔面痛、頭痛、肩こり、腰痛など

5.その他
   舌痛症、むちうち症、、倦怠感など

 これらの症状のすべてが「噛みしめ・歯ぎしり」からくるわけではありませんが、これらの症状の
大きな原因になっている場合がありますので、無用な悪いくせは無くしておいた方が良いでしょう。

 また、「噛みしめ・歯ぎしり」による力から歯を守るためにナイトガード(マウスピース)を
装着していただく場合がありますが、「噛みしめ・歯ぎしり」を治すものではありません。

千葉県船橋市本中山2-14-16
クレール中山1F

【診療時間】

月曜-火曜 9:00-13:00/15:00-21:00
水曜-金曜 9:00-13:00/15:00-19:00
土曜日 9:00-14:00

詳しくはこちら