HOME > 小児歯科

小児歯科

小児歯科について

お子様に痛みなく虫歯の治療・予防を受けさせたいと思っている方には「カリソルブ」と「シーラント」がお勧めです。

昔から、お子様にとっての歯医者のイメージは「痛い・怖い」が根付いています。
当院では、痛みを軽減した、お子様ご自身も、保護者の方も安心出来る治療法を導入しております。

痛み対策としては、浸潤麻酔をする際に表面麻酔を使い、世界最細の針を利用しています。

 

カリソルブ

お子様にはなかなか難しいブラッシング。奥歯は歯ブラシが届きにくく細かな溝もあり、更に難易度が増します。
そこで、その奥歯の溝を無くして虫何なりにくくする治療法です。歯と同系色の詰め物で見た目も気になりません。

歯ぎしりが気になる

「噛みしめ」や「歯ぎしり」などは精神的・身体的なストレスが原因とされています。
誰もが多少のストレスとつきあっているものです。
「噛みしめ」や「歯ぎしり」は無意識にでてしまう「くせ」のようなものと考えてよいでしょう。
ですから、取り立てて不都合などがなければ放置してもかまわないのですが、時には次のような問題を起こします。

1.歯への障害
   歯がすり減る、折れる、しみる、詰め物などが取れる、全体が痛む、噛んだら痛むなど

2.歯周組織への障害
   歯ぐきが下がる、歯ぐきの骨が出っ張ってくる、歯周病が進行するなど

3.顎関節への障害
   顎が痛い、口が開きにくい、口の開閉時にカックン音がするなど

4.全身への障害
   顔の痛み、頭痛、肩こり、腰痛など

5.その他
   舌に慢性的に痛みが見られたり、むちうち、だるさなど

 このような症状が全て「噛みしめ」や「歯ぎしり」のせいだと言い切ることはできませんが、要因の一つとして可能性があるので、必要のない悪いクセは無くしておいた方が良いでしょう。

 また、「噛みしめ」や「歯ぎしり」から歯を守る方法の一つにナイトガードがありますが、これは治療ではありません。

矯正歯科

矯正歯科のイメージ
矯正治療のメリット
  • 良い歯並びにるので、磨き残しが減り、虫歯や歯周病のリスクが軽減します。(口臭予防にもつながります)
  • あごへの負担軽減。
  • 咀嚼力が増える
  • 英語などの正しい発音が出来るようになる
  • 口元を隠すことが不要になり、表情に自身が出てくる
  • 顔の歪みが無くなる

歯並びが気になる、つい口元を隠してしまう、などのお悩みがございましたら是非ご相談下さい。
あなたに最適な治療計画をご提案させて頂きます。口元に自身がありますか?

 

上下顎前突(じょうげがくぜんとつ)
上下顎前突(じょうげがくぜんとつ)のイメージ
下顎前突(かがくぜんとつ)
下顎前突(かがくぜんとつ)のイメージ
開咬(かいこう)
開咬(かいこう)のイメージ
叢生(そうせい)
叢生(そうせい)のイメージ
上下顎前突(じょうげがくぜんとつ)
上下顎前突(じょうげがくぜんとつ)のイメージ
過蓋咬合(かがいこうごう)
過蓋咬合(かがいこうごう)のイメージ
交差咬合(こうさこうごう)
交差咬合(こうさこうごう)のイメージ
正中離開(せいちゅうりかい)
正中離開(せいちゅうりかい)のイメージ
切端咬合(せったんこうごう)
切端咬合(せったんこうごう)のイメージ

千葉県船橋市本中山2-14-16
クレール中山1F

【診療時間】

月曜-火曜 9:00-13:00/15:00-21:00
水曜-金曜 9:00-13:00/15:00-19:00
土曜日 9:00-14:00

詳しくはこちら