HOME > ブリッジ・入れ歯・インプラント

ブリッジ・入れ歯

保険と自費の入れ歯の違い

保険適応内で作成する入れ歯は、欧米などで治療前の一時的な仮の入れ歯として使用されている樹脂を用いています。
日本国内の保険では、欧米で長期に使用される金属製の入れ歯に匹敵するレベルの入れ歯は作成できません。
残念な事に両者の違いはとても大きく、入れ歯でお困りの方は、ご自身に合わせて自費で作製した入れ歯でほとんどの悩みが解消される事でしょう。

 保険自由診療
材料(歯肉部分)選択不可 (レジンプラスチック))選択可能な材料が多い
思い通りに選べる
自分の好みや用途によって使い分けができる
材料(人工歯部分)選択不可(プラスチック)プラスチック以外にも、セラミックや 金属などを選択できる
製作工程型取り1回のみ細かな型取り
精密さを上げるために専用の器具を使用
口腔内の筋肉までも再現
審美性既製のもの自然な色合いに合わせる事が出来る
調整後々の調整が出る場合が多い不具合がほとんどない為、調整が少ない。

入れ歯の種類

別称「ノンクラスプデンチャー」と言います。スクラブはバネの事で、金属のばねの無い入れ歯を指します。
特殊な樹脂でできており、素材の持つ柔らかさがバネの代用をしています。

自然歯が全く残っていない場合に用いられるのが総入れ歯です。
全ての歯が人口になってしまう為、食事の際に感じる噛みごたえや食品の熱の伝わり方、味の感じ方なども大切です。

失ってしまった歯の代替の着脱式の入れ歯です。
今ある残った歯や歯茎を支えに装着します。

義歯床を金属に変更する事で、入れ歯を薄くすることが可能です。更に保険使用の入れ歯よりなはすことがスムーズになったり、違和感を最小限に抑えた総入れ歯を作成できる場合があります。

しかし、修理が難しく、高価なため、保険内の入れ歯に満足できない場合などに、院長との相談をお勧めいたします。

千葉県船橋市本中山2-14-16
クレール中山1F

【診療時間】

月曜-火曜 9:00-13:00/15:00-21:00
水曜-金曜 9:00-13:00/15:00-19:00
土曜日 9:00-14:00

詳しくはこちら